性能差は10倍以上!?「新サーバー簡単移行」で最新サーバーへ

最新サーバーにアカウントを移すことができる「新サーバー簡単移行」という機能を2ヶ月ほど前にエックスサーバーにおいてリリースしました。
しかし、諸所の調整により、ご利用いただけるのはごく一部のユーザ様のみとなっておりました。

この「新サーバー簡単移行」機能がやっと本日、
特にご利用いただきたいユーザ様へと対象をほぼ拡大することができましたので
ここでその詳細について説明させていただこうと思います。

参考:
最新サーバー環境(sv2001サーバー以降)へ簡単に移行できる「新サーバー簡単移行」機能提供のお知らせ

 

コンピュータの世界は日進月歩。
当社ではその時点での最新、かつ最高クラスの性能のシステムをできる限り採用するよう努めています。
しかし悪く言ってしまうと、
数年以上前からご利用いただいているお客様のサーバー環境の性能は当時は最高峰のものでも、
残念ながら数年の月日を経て、今現在では最新のものと比較すると大きく見劣りしてくることは否めません。

どれくらい違うかというのを分かりやすく一例であげますと、
エックスサーバーのSV800未満のサーバーのメモリが16GB、
今現在お申込みいただいたときに使用されるサーバーのメモリが192GBです。
その差は10倍以上となります。これは一例に過ぎず、もちろん差異はこれだけではありません。

え?そんなに差があるの?オレSV800未満なんだけど・・・と思われた方、ご安心ください。
最高クラスの環境を提供するという当社のポリシー上、
古い環境はできる限り早く最新のものへ変更すべきと考えています。
実際、過去にも2010年、2013年と古い環境を一掃し、つど最新環境へ切り替える対応を行ってまいりました。

ただ、、、、
古いシステムをご利用の方への最新環境への切替メンテナンスは今年後半からの順次対応予定となっています。
自動的に最新環境へと切り替わるのは、まだもうしばらくお待ちいただく必要があるわけですね。

性能差が10倍以上とはいっても数年前の高性能環境なわけで、
ほとんどのサイトでパフォーマンスの面で過度にご心配いただく必要はないかと思われます。
しかし、重いプログラムを使っていたり大量アクセスが発生するサイトなどでは
最新環境との差異は大きく現れる可能性があります。
例えば「バズった」場合にも、最新環境であるかどうかは非常に大きい影響を及ぼすものと思われます。

そんなわけで『ご希望のユーザ様だけでもすぐに最新環境をご利用いただけるようにしよう!』という発想のもと、個別にご申請いただくことで一足先に最新環境のサーバーへ移行できる「新サーバー移行機能」をリリースするにいたりました。

最新サーバーと特に性能差が大きいSV1110以下のサーバーをご利用の方で、特に重いサイトや大量アクセスサイトを運営の方は
最新環境の性能がいかなるものかご確認いただければ幸いです。
きっと満足していただけるはずです。
(SV1111以降のサーバーは最新環境と比較してもそれほど性能差異は大きくなく、本日時点では本機能をまだご利用いただくことはできません。)

なお、本機能をご利用いただくと、データコピー等の大部分はシステム側で対応が行われますが、
サーバー番号などが切り替わりますし、サイトの動作確認処理など一定の対応を行っていただく必要がございます。

前述のとおり、今年後半頃よりお客様側での作業が原則として不要な最新環境への切替メンテナンスの順次対応を予定しておりますので、
今膨大なアクセス等に困っているという訳ではない方はそちらをお待ちいただいた方が良いかもしれません。

以上、「新サーバー簡単移行」についてご説明させていただきました。

エックスサーバーでは、ご利用中のお客様も含めてすべてのお客様に
継続的に最新環境・安定環境を提供し続けるように取り組んでまいります!
今後の更なるパワーアップにもご期待ください!

「性能差は10倍以上!?「新サーバー簡単移行」で最新サーバーへ」への2件のフィードバック

  1. いつもありがとうございます。
    xserverさんのメンテナンスポリシーは原則的に素晴らしいものと思います。
    過去にコントロールパネルの刷新の際に嬉しい報告を申し上げた長澤です。
    システムが時代に合わせて細心になって行くこと、うれしいです。
    しかし、残念ながら、ぼくたち視覚障碍者がスクリーンリーダーを駆使して生活する場合
    システムが細心になればなるほど、デジタルデバイド状態に置いてきぼりになることは多々ございます。

    たとえば、見かけをフラッシュなどでよくすればするほど、文字情報のみでアクセスするスクリーンリーダーでは、対応不可能となってしまいます。
    今まで、使えていたものが使えなくなる、これは、視覚障害者にとって死活問題なのです。

    良い例は、この頃のいろいろなサイトで簡単に使われる
    「画像認証」、「パズル認証」
    などは、全く歯が立ちません。

    どうか、システムバージョンアップの際には、なお一層のご配慮をいただきたくお願い申し上げます。

    1. 長澤様、コメントありがとうございます。
      また大変返答が遅くなり申し訳ございません。

      なるほど、承知しました。
      いただいたコメント内容を忘れず、
      少しでも多くの方に、そして様々な方に便利に使っていただけるサービスを目指してまいります。

      貴重なご意見ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です