会社 意見・感想 日常

キャバクラ

投稿日:

つい先日、会社スタッフを突発的に誘い、北新地の焼肉に行ってきた。
誘った中の一人、X氏は「いや~、こんな急に誘ってくるなんてびっくりしましたよ~。」
そんなことを言っていた。
だれとでもほどよい距離感を保ち、さわやかな雰囲気をまとう、僕から見たX氏とはそんな人物だ。

「いや、ふとみんなをねぎらいたいなぁ~と思って。」

僕はそう答えた。
この返答にウソ偽りはない、ただ僕にはその気持ちとは別の大きな狙いもあった。

 

話は数週間前にさかのぼる。
このブログでもちらっと書いた、某有名寿司店へスタッフを連れて行った際の話だ。
寿司屋でのたわいのない会話の中で、僕はあることをスタッフたちに聞いてみた。

「キャバクラとか行くのってどうなんだろうね?」

僕は息をのみ、みんなの反応をうかがった。

「社長たるもの従業員をキャバクラに連れて行くくらいのことはしなきゃだめだよ。
きっと従業員は行きたがってるから。」

最近、某先輩社長にそんなことを言われていた僕は思い切ってその場にいたメンバーに聞いてみたのだ。

「う~~ん、、僕らはそんなに興味ないですかねぇ~。」

その場にいたみんなは口々にそんなことを言ってたと思う。

「そっかあ。。」

そう相槌を打ちながらも僕は一瞬の強い違和感を見逃さなかった。
『キャバクラ』というワードを発したその刹那の瞬間、
ギラついた鬼のような表情を見せた人物が一人いたのだ。

その表情に気づいたのは僕だけだったかもしれない、
彼はすぐに元の表情に戻り、何事もなかったかのようにビールを口にした。

 

察しのいい人ならすでにお気づきかもしれない。
そう、その彼こそが冒頭で出てきたX氏だ。
僕が急に焼肉にスタッフを誘ったもう一つの大きな狙い、
それはX氏の『キャバクラ』というワードに見せた、あの表情の真相を探ることだった。

一つ断っておくと、僕個人はキャバクラとか全く興味がない。
お金を出してまでして女性に会話してもらおうとは思わないのだ。
IT社長がキャバクラで豪遊、みたいな話を聞くと正直めっちゃ羨まチャラチャラしやがって、、、と思うタイプだ。
何年か前に諸先輩方にそういうところに連れて行ってもらったこともあるが、
女性にかなり舐められて接客された記憶がある。
なんでこいつら上から目線なんだよ、二度とこんなところ来るか、
当時はそんな風に思ったくらいだ。

・・・・・。
そういえば、あのときの女性はかなり可愛くてタイプだった気がする。
あの店なんて名前だっけな。。
あとでちょっと調べよう・・・・・・。

 

話を戻そう。
僕はキャバクラとかには全然興味はない。
ただ、某先輩社長に言われたこともごもっともだと思う。
部下をキャバクラに連れて行く、そういったことを僕も一度くらいやっても良いのかもしれない。

僕自身はそういうの全然興味ないんですけどね?

 

冒頭の北新地の焼肉に行った際の話に戻る。
そう、僕の真の狙いは、X氏のあのギラついた表情の真相を探ることなのだ。
その真相に触れれば、キャバクラというものについて何かつかめるかもしれない。
焼肉を食べ始め、各々が会話で盛り上がる中、僕は今か今かとX氏にあの件を聞くきっかけを探していた。

時間は刻々と過ぎていく。
しかし、僕はそのきっかけをつかめずにいた。

夜も更けいよいよお開きとなり、何も進展のないまま焼肉店を後にすることとなった。
結局X氏に聞けなかったなあ、、がっくりうなだれた僕がふと頭をあげると、そこには北新地のネオンやキャバ嬢を意味あり気な眼差しで見つめるX氏がいた。

「この感じ、懐かしいな・・・。」
なぜかそう悲しそうに彼は呟いた。

このX氏の雰囲気、、やはり彼には何かあるに違いない、
僕は思い切って聞いてみた。

「X課長ってキャバクラ詳しいの?今度キャバクラ行きましょうよ~。」

そんな僕の問いに、彼は優しい笑顔を見せながら、ゆっくりとこう言った。

「キャバクラか・・・。
ふぅ。。。

実はもう、僕はキャバ嬢を落とすのには飽きちゃったんですよね。。
昔はキャバ嬢落としのNなんて呼ばれたことも。。
いや、すいません、、今のは聞かなかったことにしてください。。

ただ、今の僕にとっては、キャバ嬢を口説くことよりも、
開発のスタッフをしっかり育てていくことのほうがずっと楽しいんですよね。。。

ま、今度誘ってくれれば全然お供しますよ(笑)」

なるほど、、、
彼の答えは僕が想像していたものをはるかに上回っていた。
彼があの刹那に見せた般若のような表情にはこういう過去があったんだな、と僕は悟った。

なんとなくそれ以上は触れないほうが良いかな、とそこで話は終えた。

 

何はともあれ、普段接点のないスタッフを誘って、そのご飯を食べてワイワイする姿を見てると、
こういうのもいいなあ~~と思いましたね。

先輩社長が言ってたのはこういうことだったのかな。

キャバクラとかそういうのは単なるツールに過ぎず実際はどうでもよくて、
社員が楽しそうに笑っている姿を見れることが社長にとっての幸せなんだよ、

先輩社長はそんなことを言いたかったのかもしれません。

 

よし、、明日もみんなの笑顔のために仕事がんばるぞ!

-会社, 意見・感想, 日常

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1-Click特許

ニュース:Amazonの1-Click注文特許失効が与える影響&モバイルECのCVR改善に期待が高まる理由 個人的には Amazon で1クリック注文をすることがあまり無いんですが やはりその効果って …

10年

当社は本日で法人設立からちょうど10周年を迎えます。 ここまでこれたのはひとえに皆様のご愛好の賜物と強く感謝しております。 若い頃、 自分は「成長」という言葉を自身の人生のテーマとしていました。 不器 …

no image

社長ブログ始めました。

エックスサーバー代表取締役、小林尚希と申します。 この度、 WordPress専用のレンタルサーバー・クラウドサービスの wpX 開始に伴い、 WordPress・wpXクラウドを使用した社長ブログを …

no image

夏休み

なんか小学生くらいの子達が半被を着て、 集団で練り歩いてたんだけど、 ああそうか、もう夏休みの時期か、、と気づいた。 うらやましい。。。 まじでうらやましい。。。 戻れるなら小学生に戻りたい。 セミの …

地震について

本日早朝8時前に大阪を震源とする地震がありました。 弊社は本社を大阪に置き活動している都合上、 各種交通の影響・安全確保の観点などから、本日は大阪のほとんどのスタッフが出社を見送る形となっています。 …



このブログは「wpX」で運営されています。
wpX」は、WordPress 専用の大量アクセスにも強い高速レンタルサーバー&クラウドサービスです。

WordPress の運営には
高速・高機能・高安定性レンタルサーバー「Xserver
法人向け高性能レンタルサーバー「Xserverビジネス
もお勧めです!!