映画「バクマン」

先日、映画の「バクマン」を見てきました。
少年ジャンプの漫画が原作で、「デスノート」と同じ人気漫画家の作品です。
当時リアルタイムで自分も読んでいたので
大体のストーリー等は事前に把握済みです。

感想としては
フルに2時間あったので少し後半だるく感じたものの、結構おもしろかったです。
特にエンドロールが凝られたつくりで、ジャンプを読んでた世代のおっさんにはじ~んと来る感じでした。
サカナクションの主題歌「新宝島」もあいまって良かったです。
サカナクションの曲ちょっと他にも聴いてみよう。

バクマン映画予告:

サカナクション「新宝島」:

wpX プラグイン制限緩和などのサービス強化について

かなり案内に期間が空いてしまったのですが、
今年7月にwpXにおいていくつかのサービス強化を実施しており、
地味にうれしい内容となっているかと思います。

その内容はというと主に以下の3点となります。

1. MySQLバックアップデータ提供の無償化
2. クラウドプランにおけるキャッシュ設定機能の追加
3. WordPressプラグインの使用制限の大幅緩和

細かく説明するとごちゃつきそうなので
それぞれをざっくりと説明させていただきます。

まず1つ目のサービス強化は「MySQLバックアップデータ提供の無償化」です。

今まで当社側で保持しているバックアップデータの提供は有償でのみ対応してたんですが、
お客様WordPressのMySQLバックアップデータに関して、管理ツールから簡単にダウンロードできるようになりました。
これでうっかりphpMyAdminで記事データを消しちゃっても安心ですね。
バックアップデータ、ゲットだぜ!!

次のサービス強化は「クラウドプランにおけるキャッシュ設定機能の追加」です。

実は当社のwpXクラウドについては、以前はキャッシュ機能が強制適用でした。
(ちなみにwpXレンタルサーバーでは選択機能がありました。)
キャッシュ機能は高速性や低負荷のために非常に便利ではあるものの、
コンテンツ内容によっては非常に邪魔な存在となるときも。
そんなときに『なぜキャッシュOFFにできないんだ、チキショー!』とか
『自分の好きなキャッシュプラグイン使いたいんだよ、チキショー!』と思われてた方も結構少なくないかと思います。
すいませんでした。。。
しかし、キャッシュ設定機能をつけたのでキャッシュ機能が邪魔なときはばっさりOFFにできるようになりました。

ただ、WordPressでキャッシュ完全OFFは大量アクセスサイトなどでは特にあれだと思うので、
キャッシュプラグインの適用等、何か代替方法をご利用いただくのがオススメです。

最後に「WordPressプラグインの使用制限の大幅緩和」です。

これは非常にご要望を多数いただいていた内容でして、
以前の仕様では、特定のプラグイン、例えば EWWW Image Optimizer などが使えない状況でした。
一部php関数や.htaccessに対して利用の制限をかけていたためです。
しかし、現在ではその制限の項目を設定できる機能を追加しています。
すなわち、これまでご利用いただけなかったプラグインが利用できるようになっています。
もし、利用が可能になったことを気づいてなかった方は、ぜひお試しいただければと思います。

以上の対応、特に2,3により、自由度としては普通のレンタルサーバーにかなり近くなりました。
レンタルサーバーの方が使いやすいなあと思ってた方、また一度お試しいただければ幸いです。

ひさびさに更新

ひさびさのブログ更新です。
なんと前回の更新から2ヶ月半以上経過してます。
月日の流れは本当に早いですね。。。

先日サーバーエンジニアのK村くんに

「Amazonネタのゴミ記事から全く更新してないですよね?
一体何ヶ月放置してんですか!もっとちゃんと更新してくださいよ、、、オラッ!」

と肩パンをされた苦い思い出があります。

この2ヶ月半の中で Xserver、wpX で結構大きな機能追加をしていますので
そのあたりの説明含めて近日中に記事をUPしたいなあと思ってる次第です。